お知らせ

HOME  »  お知らせ  »  石畳の町、渋温泉へ行って来ました。

石畳の町、渋温泉へ行って来ました。

[2015年12月26日]

信州長野 渋温泉と小布施と善光寺に9/14~9/15にかけて一泊で行って来ました。

先に観光地の善光寺と小布施を紹介します。

善光寺は7年に一度、御開帳があります。その時にえこ柱が立てられます。このえこ柱にはご本尊様とえこ柱の間に5色の糸が結ばれ、えこ柱に触っただけでご本尊を触ったのと同じ効果がると言われています。しかし御開帳の期間でなくともえこ柱には触れます。

DSC_2712 DSC_2718

7年前・14年前・21年前・28年前・35年前・42年前・49年前のえこ柱も立てられています。

DSC_2710   DSC_2717

しかしこのえこ柱は古いものからだんだん短くなって行きます。是非、善光寺に行きましたら探して見て下さい。

DSC_2713    DSC_2714

見えますか?お数珠頂戴に巡り合えました。お数珠頂戴とは『貫主や上人が参道を往復される際に、石頭にひざまずいて手を合わせ、お二人から数珠で撫でてもらいます』

CIMG1111 CIMG1109

(小布施の町並)

渋温泉には9つの外湯(共同浴場)があります。それぞれの浴場に意味があります。

CIMG1138 CIMG1141

CIMG1131 CIMG1119

CIMG1133 CIMG1115

CIMG1135 CIMG1136

そして渋温泉に宿泊すればこの共同浴場に無料で入ることができます。

CIMG1129 CIMG1137

外湯は5人も入れば満員です。源泉が流れ込み温度を調節しながら入ります。

CIMG1122 CIMG1123

ホテル宿泊者は専用の鍵があります。この鍵を持って下駄に履き替え石畳の温泉街へ。

CIMG1125 CIMG1130

石畳の途中には温泉たまごや射的場や卓球場(無料)も街中にあります。

CIMG1127 CIMG1126

源泉を木で止めたり流したりして温泉の熱さを調整します。

CIMG1139 DSC_2689

温泉街から1本道を出ると夜間瀬川が広がります。

DSC_2690 CIMG1113

川の橋の途中で夕涼みでもいかがですか。

DSC_2707 DSC_2704

渋温泉の大きさは歩いて楽しめる温泉です。端から端まで400mくらいの小さな温泉街ですがこんな素晴らしい温泉街はほかにはないでしょう。

DSC_2700  DSC_2691

この渋温泉へ行くバスツアーを計画しています。(2/14発 2/21発 2/28発)

興味のある方はこちらをクリックして下さい。

さらにもっと渋温泉を詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さい。

今回のこの旅行では最高の思い出ができました。

DSC_2698    DSC_2702

ホテルは渋ホテルに泊まりましたが仲居さんも親切で英語も中国語も話せる仲居さんには驚きました。

さすがイギリスでも海外でも人気の高い渋温泉でした。渋温泉は出会いの街です。

 

 

 

 

カテゴリ:[お知らせ]

ツアーのお申込み方法
お電話でお申込み

FAXでお申込み

FAX:049-258-1964